読書

芥川の「藪の中」。
実は芥川の作品でもっとも読んでみたかった作品。
「真相は藪の中」という言葉の元になった作品である。
興味がわかないわけがない。
この物語は、1つの殺人事件を中心に
7人の人間の証言からなる物語である。
1人目、通りすがりのきこりの証言
「今朝な!死体見た!胸元に一傷だべ」
「場が随分踏み荒らされていたから一悶着あったんじゃね」
2人目、旅の法師の証言
「死体の男ならば先日の昼頃みた」
「白馬に乗った女と一緒に、関山の方へ歩いていった」
3人目、犯人を捕らえた人の証言
「昨夜の午後八時頃、犯人の多襄丸を捕縛した」
「白馬から落馬して苦しんでいた」
4人目、馬に乗った女の母親の証言
「男の名は金沢武弘、女はその妻の真砂で、自分の娘じゃ」
「昨日、若狭に向かった」
5人目、殺人事件の犯人である盗人、多襄丸の証言
「女を手ごめにした後、女を掛けて男と決闘した」
「男殺して勝ったけど女いなくなってやんの!」
6人目、清水寺にいた女の証言
「盗人に手ごめにされて夫と心中しようとして刺した」
「自分は死にきれませんですた」
7人目、殺された旦那の証言(イタコ経由)
「妻は盗人に汚されたあと盗人に口説かれてOKした」
「そして盗人に俺を殺してくれと頼んだ」
「盗人は引いて、妻を殺していいかって問いかけてきた」
「妻逃亡!盗人も俺の縄を一本だけ切って消えた」
「小刀が落ちてたんで胸に刺して自害した」
「そのあと誰かが小刀を抜いて血が一気に噴出した」
「誰がそうしたのかはわからない」
だいぶ簡略化しているが、つまり
この証言者達の証言にはいくつかの矛盾があるのである。
この物語についてこれまでさまざまな議論がなされ
真相を究明しようという流れもあったようなのだが
捕まってもう極刑にしてくれと言う多襄丸と
罪を認め寺で懺悔している女、
そして殺された男の証言さえ食い違っている。
それぞれの価値観には相違があり
それぞれに言いたくない事実があるが
最後の最後だからこそ、事実を曲げてまで
通したい意地があるのだろう
3人が3人とも
人間の醜い本性を垣間見てしまったが為に
それを隠すことで自分を守っているのだ。
故に隠された真相とは、
「恐ろしく醜い人間の本性」
あると思います。
オワリ。

読書

芥川の作品の中に何気に多いキリストネタ。
南京の基督(キリスト)を読む。

南京に住む少女。
頬杖をついてスイカの種をポリポリかじる。
彼女の仕事は娼婦。

容姿は普通なのだが、気立ての良さ
物腰の柔らかさ、優しさで人気があった。
年老いた父親を養う為、夜な夜な客を引き込んでいた。

客に「なぜこんな事をしているのか」と問われれば
「他に方法がない」「仕方がない」と答える。

そんな彼女には信仰があった。
ローマカトリック。
部屋には十字架が飾ってある。

こんな仕事をしていても仕方がないという状況に、
こんな私でもきっと神様は許してくださる
という非常に前向きな信仰。

ところがある日、この仕事によって
危険な感染症にかかってしまう。

彼女は客に移してはまずいと客引きをやめる事にする。
部屋に友人が遊びに来ると
「他人に移せば治る」とアドバイスを受けるが少女は頑なに拒否。

他人に迷惑をかけることを良しとしないのだ。

客が来てしまっても会話だけでその場をしのぐ少女。
病は一向に良くならなかったのだが。

ある日言葉の通じない男が部屋をたずねて来る。
どこかで見たことがある顔。
しかしいつもと同じように、会話だけで場を凌いでいると
指を二本突き出してくる男。

首を横に振る少女。
三本に増える。
首を横に振る少女。

そんなやり取りが指10本目まで続いたところで。
彼女の首から十字架がふっと落ちた。
そしてその十字架を見てハッとするのだ。

「こいつキリスト様に似てるんやん!」

つかキリスト!もうキリスト!わーいキリストキターっ!
自分を救いにやってきてくれたに違いない。
糸が切れたようになってしまう少女。

そしてなすがままになってしまう。

少女は夢を見る。
沢山のご馳走を与えられる夢を。
そしてキリストとのすこしの会話を終え、目が覚めると
男は居なくなっていた。

「あれは夢だったのかしら」

しかし部屋中に残る彼の痕跡。
報酬も貰ってない事に気がついたが、
何よりも、病がぱったりと、治っていたのであった。

…話はこれで終わらない。
この不思議な話を、冒頭に「なぜこんな事をしているのか」と
尋ねた客に話す彼女。
しかしこの客は、この話の男に心当たりがあった。

「俺はそいつをしっている」
「日本とアメリカの混血児だ」
「やつは南京で女を買って、その女がスヤスヤと
眠っている間に逃げたと話していた」

「そしてその後悪性の感染症から気が狂ってしまったのだ」

男は、その話を少女にしようか迷う。
そして少女に問うのだ

「その後、一度も患わないのかい?」

「ええ、一度も!」

というわけで、掲題にキリストと入るものの、
なんだか信じていいのか悪いのかな話で。

そして病は気から。
精神の状態は実際に体に作用する。
芥川がそのことを題材にしたのかはわからないが

プラシーボ効果というのをご存知だろうか。

実際にはなんの有効成分もない薬を
「これは薬である」と渡されると
それを信じ込んだ人間の体には実際に作用する事がある。

思い込みは実際に体に作用するのだ。
そう考えると、信仰というものは無駄で無いように思えるし。

さらに逆転の発想。
自分を信じられない人は、力を発揮できない
そういう根拠になりえるかもしれない。

信じるものは救われる。
のかな?

オワリ。

読書

記念すべきテーマ「読書」30達成。

一応付け加えておくと、
30冊もの本を読んだわけではない。
短編が多いだけなのだ。

なんか星新一のショートショートを読んでいる気分に
なってきた…オラわくわくしてきたぞ

太宰と芥川は短編が多いので、読むのに時間がかからない
その上、googleでちょっと検索すれば無料で読むこともできます。

興味のある方は是非読んでいただきたい。
そして過去の偉人たちも現代人と同じような悩みをもち
同じような物語に感動していたことを知ってほしい。

そうすることできっと
貴方の心も
少しだけ
軽くなるはずですよ…ウヒヒ
(某セールスマン風)

私が古い作品を読む理由はここにあります

芥川の短編の中でもかなり短い作品
「舞踏会」を読んだ。.

なんとか家の令嬢、明子は。
政治家や有名人からなる舞踏会に参加すべく
はげた親父と鹿鳴館に向かっていた。
初めての舞踏会参加にそわそわした明子だったが。

沢山の菊で飾られた鹿鳴館。

綺麗なドレスに身を包み
胸元には水色のリボン、黒い髪にはバラの花。
そんな明子のその日の美しさは
通りすがりの男が振り返るほどだった。

男の視線を受けて余裕を取り戻す才女、明子。

程なく、仲間の輪に入っていくが
一人の海軍将校に声をかけられる

「踊っていただけませんか」

そして二人の踊りがはじまり、
海軍将校、ジュリアン・ヴィオは
明子を完璧にエスコート。

美しい彼女に媚びる事もなく会話を淡々とこなし。
明子に「何か考え事をしていたわね」と問われると

「当てて御覧なさい」

みたいな切り返しも可能!なんだこの完璧超人。
コミュ症気味のわたくしに爪の垢をください。

時は過ぎ、H老夫人となっている明子。
けしてHな老人に嫁入りしたわけではない。

狙ってませんよね芥川せんせぇ…

面識のある青年小説家と偶然、電車で出会うと
菊の花を見るたびに思い出すという
舞踏会の話を聞かせる明子。

その話を聞いた青年は、海軍将校の名前を聞いたとたんに

「ロティだったのでございますね!」
「あのお菊夫人を書いた小説家ピエル・ロティ!」

青年は興奮気味に話すが明子は
「いえ、ジュリアン・ヴィオという方です」

と返すのみであった。

というお話なのですがつまり、
その後の解説によりますところによれば
ピエル・ロティ(本名ジュリアン・ヴィオ)
という実在の小説家がおり、
実際に日本の夜の舞踏会にも出席した記録もあるようで
著書に「お菊さん」「秋の日本」などがあります。

このお話の明子が実在の人物であり
「お菊さん」なのかどうかは、私の知るところではございません
が、そんな匂いを感じさせる風の作品。

実際どうなんでしょ。

鹿鳴館で、明子の問いにジュリアン・ヴィオはこう答える。
「花火の事を考えていたのです」
「我々の生のような花火の事を」

特権階級のみ参加可能な舞踏会に出席できる立場で
明子のような若く美しい女性を独り占めしながら

「人の命は儚い」

詩人か!口説き文句か!どっちだ!
やさぐれててすいません。

終わり。

読書

愛と優しさの対価とは。
「秋」を読んだ。

才女の姉信子と妹の照子。
そして従兄の俊吉。
姉信子と俊吉には文学という共通点があった。
照子はくっついているだけで話に乗れない時もある。
皮肉屋の俊吉を憎めず、どこか認めているところもある信子。

周囲から見れば信子と俊吉は、相思相愛のようにうつっていた。
大学を出れば一緒になるのではと噂されたが、
別の男と式を挙げ、しれっと地元を出る信子。

俊吉とはなんだったのか。

出先で信子は、旦那と仲睦まじく暮らしているように思えたが
徐々に歯車がずれていく。

そして家族との別れ際、照子にもらった手紙を読むのだ。
照子は自分の為に俊吉を取らなかった信子の気遣いを
わかっていた。

姉の、妹に対しての優しさだったのだ。

照子さえ幸せになってくれればという姉の献身。
しかし旦那との歯車がずれるほどに俊吉を思い出す信子。

そしていよいよ、照子と俊吉が結婚するのだが。

実家に帰り俊吉と信子が再開すると。
やはり、妹、照子が入る余地の無い時間が
二人にはあるのだ

信子と同じように、俊吉もまんざらではない様子。
それに気がついて涙する照子。
さっていく信子

という、なんだろう
昼メロのような内容なのだが。
最後「秋…」という一言で締めくくられる
短い小説である。

この後、この三角関係はどうなるのか!

きっとこのままではいられない!

信子は妹に優しいままでいられるのか!

照子は俊吉を振り向かせることができるのか!

天然ジゴロ俊吉!

ほったらかしの信子の旦那!

愛と優しさの対価とは!

一波乱あると勘ぐってしまうのであります!

しかし続きはないのでした!

オワリ!

読書

芥川の杜子春(とししゅん)。

はるか昔の中国、洛陽(らくよう)でのお話。
洛陽にて、杜子春という男が途方に暮れていると
老人に声をかけられる

「どうしたかね」
「無一文でどうしたもんかと」

素直に答える杜子春。すると老人は言う
「夕日に影をうつして頭の部分をここほれわんわん」

実行してみるとそこには金塊の山が!

一夜にして大金持ちになる杜子春。
そこから家を買い、贅の限りを尽くした生活を始める。

金あるところに人あり。
自然と彼の周りには人が集まるようになり、
洛陽で杜子春の名は知れ渡る事となる。

だが杜子春の金はすぐに底を尽きる。
金がなくなると人は離れていき、そして誰もいなくなった。

またも途方に暮れる杜子春。
するとまた例の老人が現れる。

「どうしたかね」
「前と同じ」
「そうかじゃぁ、前と同じ。でもちょっと下」

夕日に影をうつし、影の腹の辺りを掘るとまた金塊の山!
再び大金持ちになる杜子春。
贅沢三昧でまた人が集まるが金は3年で底を尽きた。

二度同じ過ちを繰り返した杜子春。
同じように途方にくれていると、また例の老人が現れる。

「どうしたかね」
「前と同じ」
「そうかじゃぁ…」

「まて」

杜子春は「もう金はいらない」と言い放つ。
どうやら人に絶望したらしい。

「あなたは仙人でしょう?私を弟子にしてくれさい」
「おうけい」

そうして仙人試験がはじまる…。
とある場所に連れて行かれ
何があってもしゃべるなと命を受ける杜子春。

さまざまな脅しにさらされる事となるが
決して声を上げない。
果ては肉体を失い地獄の閻魔と対面する事となるが
そこで変わり果てた両親と再会する。

「声をださんかー」

両親を痛めつけるひどい閻魔大王。
鬼か。

しかしそこで、母が杜子春を察して言うのである
「気にしなくても大丈夫なのよ~」

肉親の優しさに触れ、ついに声を掛けてしまう杜子春。

とたんに試験は終了。
現実に引き戻される杜子春。

「終了~!到底仙人にはなれまい」

だが杜子春は言う。
「あそこで声をだして良かった」
「もっと大事なものを手に入れたのです」

それを聞いた仙人は言う
「あそこで声出さなかったらお前ぬっころ予定っすよ」
おいおい、袋小路ではないか

最後に仙人は
杜子春に自分が住んでいた家をやると言って
姿を消すのであった。

と言うお話。
杜子春は一人で途方に暮れていたが
金が入ると人が集まる。金が無くなるといなくなる。
それを二度繰り返した事で、
自分ではなく金に人が集まっている
という事に気がついたのかもしれない。

他人に絶望したのか
自分に絶望したのかはわからないが
とにかく杜子春は人が嫌になったのだ

そこで仙人になる決意をしたのだが
その過程で、自らに新しいものを見出した。

最後に杜子春は言う
「人間らしい正直な生活をしていくつもりです」

さて、この杜子春。
かなり普通の男のような気がするのだが
仙人に出会ったことで二度も贅の限りを尽くした生活を体験
地獄の苦しみを味わったものの最後には家までいただいて

ちょっとラッキーすぎやしませんか!
正直うらやましいです。

オワリ。