キャブレター調整※やりなおし

st250e, キャブレター, キャブ調整, バイク, メンテナンス

えー、以前…

我が愛車ST250E’2007のキャブ調整を記事にしていましたが

いろいろと間違いが発覚したので記事削除し、

新たなページを設けたのでございます

もし参考にしていた方がいましたらどうもすいません。

↑たぶん居ないから大丈夫よね…

 

何度も言いますがバイクメンテナンスの記事は備忘録であり

日記みたいなものでしてご容赦くださいw

ご利用は計画的に!自己責任でお願いします!

…いや、すいませんほんと。

 

 

で、何を間違っていたかというと

キャブレターの画像である。

パイロットジェットとメインジェットが見える…

見えるぞ…見えるが…

 

へ、何これ。

こんなのあったっけ。

しかもなんかいじった形跡がある

 

前にキャブ調したときは忙しくて

慌ててやってたからな…

気にもしなかったな!

 

で、これはいかんと思いパーツカタログを出す

キャブはパーツが多いため2ページに渡っている。

【FIG.11 D-2】

【FIG.12 D-3】

 

【図面拡大図】

18がメインジェットで、29はパイロットジェット

さっきのは31番ですわ、31番は…

おおっと、31番もメインジェットだぁ~(錯乱

 

で、どうしたかというと

持っていたメインジェットのセットから

1つだけ番号がかけ離れている「57.5」を見つけ出し

31番は57.5に戻した。

 

で、その他の調整は以下の通りである

 

29.パイロットジェット 25.0→27.5に

18.メインジェット 120→125に

 

マフラーを変えた直後によくやる調整ですな。

一番手ずつあげました。あとは変更なし!!!

 

そもそも、どうしてこんなにキャブ調整しているかというと

買ったマフラーの抜けが良すぎて

アフターファイアが頻発した為である。

そこでジェット類の番手を上げまくって調整したが

どうにも燃費が悪くなりすぎた。

 

なので、ついにマフラーを加工する事に。

マフラーにネジ穴を2つ開け、

下のインナーサイレンサにグラスウールを巻いて取り付ける

ポッシュ(POSH) セミユニバーサルインナーサイレンサー 汎用 010159-10

キジマ(Kijima) グラスウール 165*505mm*5t 209-990

 

もう一方の穴に南海部品のインナーバッフルも取り付ける

ナンカイ(NANKAI) 2WAYアルミバッフル(汎用)  φ38  NPC-BF38

 

これで音が大分静かになり、抜けを抑えることができたので

ジェット類を一番手づつ上げる程度に調整しなおしたのである。

 

はー、キャブ調整って大変だな!

難しいしもうやらんぞ…

 

大変失礼しました。

ではでは。。