読書

一塊の土。

老婆、お住は息子夫婦と暮らしていたが、
息子は若くして亡くなってしまう。
しかし、お住にとって息子の死は悲しみばかりではない。
暗雲を抜けたような安心感すらあったのだった。

そして、嫁とその子供と3人暮らしが始まる。

お住は時を待って、嫁のお民に婿を取らせ
以前のように養ってもえばよいと思っていた。
ところがこのお民、一向に婿を迎える様子がない。

それどころか一念発起。
一家を守るためがむしゃらに働き始めるのである。
そんなお民を見た周囲の者は
お民に尊敬の念すら持つようになる。

お住も、最初はお民を褒め称えていた。
しばらくお民のサポートに回っていたのだが、
居心地の悪さを感じ始める。

お民は仕事の範囲を広げ始めてしまい、
老婆であるお住ではサポートさえ難しくなっていったのだ。
「無理に手伝わんでいい」というお民。

しかし、部屋でごろごろしていては
居心地が悪くなるばかり。
どうにか、お民の仕事病を止め、
婿を取らせようとするお住。

ここに摩擦が生まれ始める。
お民は自ら働くことで家を守ろうとしている。
お住は自分を守るためにお民に婿をやろうとしている。

そして口論が増えていくのだ。
お民という優秀な娘が名声を得て表彰されるまでになると
お住の居心地の悪さはMAXに達していた。

だが、そんなお民もある日、病死してしまう。
残されたお住は…

そう、お住にとってお民の死は悲しみばかりではない。
暗雲を抜けたような安心感すらあったのだった。

お民が残した財産でしばらく生活には困らない。
子供の面倒も見ていけるだろう。
しかしお住はここでようやく気がつくのだ。

「息子が死んだ時と同じじゃん…」

この物語、どのように思っただろう。

お住は悪い人だろうか。
否。まったく普通の老婆である。
ではお民は?
否。よくできた嫁である。
誰も悪くないのだが、すれ違いが生じ、摩擦が生まれた。

それぞれにもっと
相手を労わる事ができれば
もっとストレスのない生活ができたのだろうか。

否。私はこんな程度が普通と思う。
これはごく普通の、現代でもよくある家庭のヒトコマ。

家族というシガラミの物語である。
うわーん。

オワリ。

読書

芥川を読み終わったらどうしよう
はぁはぁ

六の宮の姫君を読んだ。

そこそこのお家柄の一家はつつましく暮らしていた。
静かな生活に満足していた。

ところが父はあっけなく亡くなってしまい
母も後を追ってしまう。

姫だけが残されるが、頼るものは乳母以外になく…
館の家具や高価なものは生活の為に少しずつ売られ
召使いも離れていく。

そんな姫に乳母が、縁談の話を持ちかける。
姫は気がすすまなかったが仕方なく男と会うことに。

見た目もよくて優しくて、そして頼もしい男。
男の力で館は潤い、召使いの数も増えていった。

姫は内心、うれしいとは思っていないが
館の為に、生活の為に男に頼りきりになってしまう。
そしてその生活の安らかさの中に、満足感を見出すようになる。

だがその男も、父親の仕事の都合で遠くに行くことに。
仕事の任期は5年。
父親に内緒で姫と結婚をしていたため
今更打ち明ける事もできず、姫を置いていくのだ。

「5年待っててねベイベー!」

そして6年待っても帰らない男。
男は仕事先で別の女と結婚、酒を酌み交わしていた。
しかし姫の事を忘れていたわけでもなく、
9年後にようやく帰るのである。

おいおい。
そんなんでいいのか。
いいか。

旅の片付けもせず、姫の元に向かう男。
ところが、すでに館はなく。

その後も方々探し回り、ついに姫をみつけたものの
物乞いの法師に抱きかかえられていた姫は
すでに息も絶え絶え。

そしてそっと息を引き取った。

その場所、朱雀門では
女のすすり泣く声が聞こえるという噂がたつ。
通りがかりの男は法師に尋ねる。
「聞こえるってのは本当かね」

「あれは、地獄も極楽も知らぬ不甲斐ない女の魂である…」
「念仏を唱えてやってくだされ」

というお話であるのだが。
はてさて。

平凡さも罪、と言う事だろうか。
安易に心の安寧を求めてはいけないと言う事だろうか。

姫は誰かを頼ることでしか生きていけない女であった。
それさえやめた瞬間、死は決定していた。

例えば、もっと良い生活に憧れて努力することをしていれば
こんな事にはならなかったのかもしれない。

あるいは、物乞いの生活の悲惨さを知っていれば
世の中の残酷さをしっていれば、
そうならない努力をしたのかもしれない。

そのどちらもできなかったのは。
姫自身が安易に安寧を求めてきた結果。
流されて流され続けた姫。

少しは欲が、自我があれば
また違う結果も見えてきたのかもしれないのだ。

かなり深い作品ではないだろうか。
なんとなく、太宰の「人間失格」を思わせる。
前回の「雛」とあわせて推したい作品である。

オワリ。

読書

今日は休みだったので本を読んだりDVDを見たり。
人類の文化に触れる。

良家の一族、商売に手を出して失敗。
おまけに火事にもあう不運、なかなかのピンチであった。

そんな中、雛を売る話が浮上。
相手も決まり、契約成立となった。

お鶴はこの雛が大好きであった。
というかお鶴の雛であった。

しかし手付け金も預かり
「もうお客の物だから」と父親に片付けられる雛。

ピヨピヨ…

それでも、事あるごとに
「最後に雛が見たい」と切望するお鶴。
最初は相手にされてなかったがあまりのしつこさに
兄にその都度、怒られる。

雛を送り出す前日、ふと目覚めたお鶴は物音に気がつく。
細目を開けると、横を向いて座っている父親。
そして、その視線の先には、薄暗い行燈に燈された
雛が飾り付けてあったのだ

厳格な父が見せた女々しい姿。
その光景に、いまだに夢と現の区別がつかない
老婆お鶴のお話であった。

雛なんか売って金になるのかな?
と思っていたが違った。雛人形の事だった。
途中、ピヨピヨと入れたのは悪意である。

すまない

私が書くあらすじではわかりにくいと思うが
この家族にとってこの雛人形は
相当に思い入れのある、特別な物なのだ。

それを売ると決断した父と、その思いを汲む息子が
冷たく見えるのだが、それは全てを察しての事。

どうしようもない現実に直面し、特別な何かを手放す。
その決断と、家族の理解と諦めと。

そんなものが入り混じった、感傷的なお話だった。
芥川作品の中でも私は、この作品結構推したいかも。

オワリ。

読書

月曜の憂鬱な気持ちを紛らわそうと
出勤途中のバスで開いた芥川。
そしてそのまま読み終えてしまったという。

読むのが早くなった!
のではなくて、単に短いだけだ
舞踏会より短かったと思う

少年良平は、鉄道敷設の為の土木工事で使われている
トロッコがすきだった。

「のりてえ」
いや贅沢は言わん。

「押すだけでも」

しばらく工事でトロッコが利用されてる様を
眺める日々を送っていたのだが。

ある日誰もいないのを見計らって現場に突入。
兄弟とトロッコで遊び放題遊ぶのである。

するとおっさんと言う名の鬼があわられるのだ
「だれじゃあ!トロッコで遊んでるガキャー!!」

良平と弟達は逃げ出した。
ザッザッザ。
トラウマのように、しばらくは鬼の形相が
目に焼きついていて離れなかったのだが
それも10日で忘れた。
「トロッコ…はぁはぁ」

そしてまた工事現場に行ってしまうのである。
もはや病気

今日の土木作業員は優しそうな男達だったので
ついに行動にうつる。

「俺が手伝だっちゃる!おしちゃる!」

強引にトロッコ押しに参加。
作業員は大喜び、がんがん手伝わせる。
そしてついにまた、トロッコに乗る事になるのである。
作業員とともに!はいよしるばー

ずんずん進んで押す
ずんずん進んで押す

そんな作業を繰り返した後だった。
だいぶ遠くまで来て、そろそろ帰りたかった良平に
驚きの事実が突きつけられる

「おっちゃんたち今日ここで泊まりだから」
「おめーもう帰れよじゃぁな」

「…」
ここから歩いて帰るんかー!?
良平は走って帰って
暗くなった頃ようやく帰宅しわんわん泣いたとさ。

以上。
だからなんだ!と思ってはいけない。
これは優しさと甘さをはきちがえた子供の
更正の物語なのである。

と言うと大げさだが。
そもそも危険な工事現場に入って遊んでいる子供に
怒鳴りつけてくれた男は良識的な男なのだ。
少年の心には鬼の形相が焼きついたが。
そんな程度の事で済んだのだから

ところがその後に出会った作業員は甘いだけで
最後子供をどうでもいいと言わんばかりに突き放す。
結果、良平は暗くなってからようやく帰宅となったのだ。
少年にはさぞ怖かったことだろう。
何かあったらどうするんだ。

うーんしかし。
子供ってのは時にどうしようもないよねぇ…
子育ってって難しいだろうな。

オワリ。

読書

芥川の「藪の中」。

実は芥川の作品でもっとも読んでみたかった作品。

「真相は藪の中」という言葉の元になった作品である。

興味がわかないわけがない。

 

この物語は、1つの殺人事件を中心に

7人の人間の証言からなる物語である。

 

1人目、通りすがりのきこりの証言

「今朝な!死体見た!胸元に一傷だべ」

「場が随分踏み荒らされていたから一悶着あったんじゃね」

 

2人目、旅の法師の証言

「死体の男ならば先日の昼頃みた」

「白馬に乗った女と一緒に、関山の方へ歩いていった」

 

3人目、犯人を捕らえた人の証言

「昨夜の午後八時頃、犯人の多襄丸を捕縛した」

「白馬から落馬して苦しんでいた」

 

4人目、馬に乗った女の母親の証言

「男の名は金沢武弘、女はその妻の真砂で、自分の娘じゃ」

「昨日、若狭に向かった」

 

5人目、殺人事件の犯人である盗人、多襄丸の証言

「女を手ごめにした後、女を掛けて男と決闘した」

「男殺して勝ったけど女いなくなってやんの!」

 

6人目、清水寺にいた女の証言

「盗人に手ごめにされて夫と心中しようとして刺した」

「自分は死にきれませんですた」

 

7人目、殺された旦那の証言(イタコ経由)

「妻は盗人に汚されたあと盗人に口説かれてOKした」

「そして盗人に俺を殺してくれと頼んだ」

「盗人は引いて、妻を殺していいかって問いかけてきた」

「妻逃亡!盗人も俺の縄を一本だけ切って消えた」

「小刀が落ちてたんで胸に刺して自害した」

「そのあと誰かが小刀を抜いて血が一気に噴出した」

「誰がそうしたのかはわからない」

 

 

だいぶ簡略化しているが、つまり

この証言者達の証言にはいくつかの矛盾があるのである。

 

この物語についてこれまでさまざまな議論がなされ

真相を究明しようという流れもあったようなのだが

 

捕まってもう極刑にしてくれと言う多襄丸と

罪を認め寺で懺悔している女、

そして殺された男の証言さえ食い違っている。

 

それぞれの価値観には相違があり

それぞれに言いたくない事実があるが

最後の最後だからこそ、事実を曲げてまで

通したい意地があるのだろう

 

3人が3人とも

人間の醜い本性を垣間見てしまったが為に

それを隠すことで自分を守っているのだ。

 

故に隠された真相とは、

 

「恐ろしく醜い人間の本性」

 

あると思います。

オワリ。