アウトドア, 物欲

amazonでみかけた一品

YOURSELFというメーカーのアウトドアチェアである。

タイムセールで安くなっていたので購入してみた。

 

類似品が多数あり、それぞれにメーカーが違うという怪しさ。

税込み2500円くらい。中国製。

中身。説明書なし!

だが一見バラバラに見える全てのパイプの内側に

ゴム紐が通っていて繋がっている。

組み立てを間違える事はないだろう。

はめ込むだけ、簡単。

 

 

で、こんな骨組みができる。

 

次にメッシュの布を角に引っ掛けて完成。

これが結構強めにひっぱらないといけない。

amazonレビューによるとそのうちヘタれてつけやすくなるとか。

それはそれでどうなんだ…

 

本当は他に欲しい椅子があったのだが

最後にこいつに行きついてしまった。

なぜか。

 

バイク積載だと大きさがとても重要なのだが

こいつは小さなバックに入るほど小さくなる。

 

収納時サイズ約34×10×11cm。

一番長いところで34cmというコンパクトさ!

重さも1kgない。

そのくせ広げればゆったり座れる

(使用時サイズ約53cm×50cm×65cm)

 

商品ページに記載のある

耐荷重150kgというのは怪しいがw

※他の類似品は120kgになってますよ…

 

おそらく某有名メーカーのOEM(かパクリ)だろう。

最初のオリジナル商品がどれかよくわからなかった。

それぐらい類似品が氾濫している。

 

怪しい商品だけど何しろ安いし、

バイクでキャンプに行く人にはおすすめできる。

収納時にこのコンパクトさは本当にありがたい。

 

…中国製の布類を広げると肌がぴりぴりするのは

私だけだろうか?黄砂なのかなぁ…わからん。

なので最初に一度洗濯する事をおすすめします。

 

オワリ。

アウトドア, 物欲

子供の頃、親に連れられて行ったキャンプが

ほぼ道具不要でして

テーブルは食材入れたクーラーボックスだったし

椅子はそこらへんの石だしシュラフなんか無くて毛布

焚き火は直火、火はライターで着火

網か鉄板だけもっていって石で固定!

 

こういう感じのキャンプだと

そもそも持っていくものが少ない

まぁ手軽で良いのだけども

こんなキャンプばかり経験した為か

道具を揃えるという意識が希薄であった。

 

 

しかし!

それはわたくしの親流のキャンプであって

わたくし自身はある程度道具を揃え

快適なアウトドアライフを送りたいわけです

 

まずはテーブルだな!という事で

値段が手ごろで評判がよいこちらを購入

CAPTAINSTAGのアルミローテーブル。

amazonで1400円くらいで購入。

数ヶ月前に購入してそのまま押入れに眠っていた。

 

こいつが今めちゃくちゃ値上がりしてて倍くらい怖い!

ゆるキャン効果?GW直前だからだろうか…

 

開封!ケース付。

 

こんな感じで折りたたまれてはいっておる

 

広げる。

1つ1つの板は太めのゴム紐を通して繋がっているだけだった!

なんてこった。まぁ値段が値段ですし…。

 

足を起こして

 

ひっくり返して完成!

サイズ感を出すために小道具を置いてみた。

 

ゴム紐がちょっと心配だけど

切れても簡単に交換できそうだしコンパクトで軽い。

この値段なら消耗品と考えれば良い買い物かな。

 

アウトドア用品てすぐ傷つくし汚れるし。

安いのは助かります。

 

次回キャンプ行くときに持っていくぞ!

オワリ。