読んだ本。

読書

先日マウスの話をしたが、今回はキーボードの話。

 

私の場合、マウスは最良のものに出会えたが

(もう無いけど)

キーボードは常にハズレを引いている状態。

 

それはもう、あれやこれやと試している。

マイクロソフトの人間工学エルゴノミクスキーボードとかね。

 

正直微妙

 

もう何でもいいやと激安キーボードを使っていたが

キーが時々引っかかって出てこなくなったり

うるさいと母に文句言われたり。

 

そこで、もう入力機器を一新しようと考えているのだ。

この間のマウスもその一環である。

 

今回はキーボードなので、

まずは目指す理想のキーボードの概要を。

 

・打鍵感がいい

・ひっかからなくて打ちやすい

・静か

・コンパクト

・キーが光る

 

打鍵感については、これはもうキーボードの種類だろう。

大きく分けて4つある。

 

1.メンブレン

2.メカニカル

3.パンタグラフ

4.静電容量無接点方式

 

まず1.メンブレン。

現在もっとも普及しているキーボード。

打ったキーをメンブレンといわれる樹脂膜の弾力で戻す。

本体は薄く、打鍵感はなんとなく重い。安価。

 

2.メカニカル。

ずっと昔に主流だったキーボード。

機械的にキーを押し戻す。

いくつか種類があるが、打鍵感は最高といわれる。

だがカシャカシャうるさいし高い。

 

3.パンタグラフ

最近出回っている超薄型コンパクトキーボードはこれ。

こいつをメインで使う事は考えてない。

 

4.静電容量無接点方式

唯一、触った事もないキーボード。

はっきり言って知らん。高い。

キーボードにそんな金額はだせん。

 

 

というわけで、メンブレンで特に打鍵感が良いものか

メカニカルでも安価なものを選ぶ事にする。

 

コンパクトさは追求するものの、

キーの配置は標準的なものが好ましい。

よってテンキー無し程度のコンパクトさとする。

 

そして忘れてはならない事が

真っ暗闇でもキーボードだけは見えるように

LEDバックライトつき。

 

キーのひっかかりなんかはレビューを見るしかない。

 

 

で、この条件で唯一出てきたキーボードがこれ。

North Crown X-1。

これがセールで4000円程度。

メカニカルでLEDバックライトつきでこの値段は

はっきりいって破格。

 

が、しかし、わけのわからんメーカーだ。

North Crown ?聞いたこともない。

なんとなくロジクールのメカニカルキーボードに似ている風貌。

OEM品か何かだろうか。

中国製だがamazonレビューの評価は高い。

 

 

他に条件のあうキーボードはない。

知らないメーカーの中国製なんて正直買いたくないが

他に選択肢がないならば!

つうかこのキーボード、私の希望にドンピシャすぎる…

 

 

というわけで少々の冒険心を出して

迎え入れてみた。

デデーン

 

これまでのキーボードと比べるとコンパクト。

LEDで光るキー。

そして表面のアルミ仕上げの質感。

高級感あるぞ…中国製なのにやるな…むぅ。

 

 

裏側にもデザインが施されている。

 

しっかりした作りで、厚みもそこそこ。

キーボードが薄いとキーを打つたびに

机を通じて低い音が響くから困る。

 

中国製もバカにできなくなってきているな…

いやたいしたものだほんと。

これで水洗いも可能とかすごい!

 

 

使用感もとても良くて満足だ。

だがあえて問題点を挙げるなら三つある。

 

三つもあるw

 

まず音。カシャカシャとうるさいw

さすがはメカニカルキーボードだ。

でも打鍵感には換えられないだろうな。

 

これは仕方がない。

 

とても軽い音なので部屋を閉め切れば

隣に聞こえる事もない。

 

と思う、たぶん。

 

 

次。

こいつはJPキーボードではないのだ。

USキーボードなのだ。

キーが日本語キーボードと違う。

 

といっても一番下の列のキーが1つ少ないくらいで

慣れれば使用感はほとんど変わらない。

 

慣 れ れ ば。

 

実は無くなってるキーって

「アンダーバー」→「_」なんだよね

野良WEBデザイナーの私は時々使ったりするから

出そうとして出てこない事に超違和感がある。

 

今は辞書登録して出せるようにしてるけど

サクッと出せないのは残念な感じですな。

 

まぁ慣れればダイジョウブだ。

 

 

最後にもう1つ。

長い事、メンブレンの薄型キーボードを使っていたものだから

メカニカルのキーの高さに戸惑う。

 

いや…キー高えよ!

これまで薄型キーボード使うときは

手のひらをベターっとしてたと思うんだけど

こいつを使うときは若干起こしている

 

別に疲れるとかは今のところないけど

やっぱり日常的に使っていたものが変わると

違和感あるなぁ…

 

 

 

さて、上記キーボードは私が探していた物の中でも

「メカニカルで安価なもの」に相当する。

では「メンブレンで特に打鍵感が良いもの」は?

これ。

バッファローのゲーミングキーボード。

G305(BSKBCG305BK)。

 

メンブレンだけど若干の機械方式を採用していて

メカニカルキーボードに近い打鍵感。

音もメカニカルより抑えられているし、

それでいてキーの高さはメカニカルより低い。

 

 

秋葉原のヨドバシカメラで試してみたけど

個人的には打ち心地最高!値段も安いし。

 

打鍵感はメカニカルが最高といわれているけど

メンブレンで慣れてしまった私には

中間に位置するこのバッファローのキーボードが

最高に使いやすく感じてしまった。

 

同メーカーでG500というキーボードもあるんだが

そちらはまた打鍵感が異なり「スコスコ」打つ感じである。

 

スコスコでわかる人にはわかるだろう!

でも私にはG300の軽い感じが好みであった。

 

 

ただ大きさはテンキー付きの普通サイズのキーボードだし

LEDバックライトもない。

打ち心地以外は全く普通のキーボード。

 

でもそのうち心地が重要なんだよなぁ…

これ買ったらせっかく買ったメカニカルキーボード、

押入れに入りそうで怖い…つうか正直欲しいw

 

オワリ!

読書

レイ・ブラッドベリ著のSF

「華氏451度」を読んだ。

初版1953年なので、まぁ古い作品である。

 

タイトルの華氏451℃とは

摂氏でいうと233℃くらい。

紙が自然発火する温度らしい。

 

物語の大筋はこうだ。

 

そう遠くない未来。

超管理、超監視社会となった世界では

あらゆる外的ストレスから開放される為に

さまざまな文化を排除。

 

中でも本を読むことは重罪である。

所持しているだけで処罰の対象だ。

 

統制された共通の文化だけが与えられ

仕事と娯楽に浸るだけの日々。

 

人々は考えることを止め、自我を失っていた。

 

そんな人々の1人である主人公は

昇火人(ファイアーマン)。

通報を受けて本を焼く仕事についている。

 

彼が

 

感受性豊かな隣家の少女と会話したり

仕事柄、焼却しなければならない本に触れたり、

少々狂った妻や上司と対話していく内に

自我を取り戻していく。

 

大雑把に言うとそんなお話である。

 

 

なんとなく図書館戦争に似ている?

といってもわたしは図書館戦争を読んだ事がない。

テレビでやっていたのをチラッとみた程度なので

なんとも言えないか。

 

あとあれだ。

毛沢東の文化大革命を思い出した。

政府の認める文化以外を徹底的に破壊した

よくわからん革命。

 

 

文化の象徴たる本は人類の記憶の倉庫なのだ。

そこには笑いや感動など娯楽要素以外にも

歴史や哲学、人類の反省などが含まれている。

 

未来に繋がる想いが、込められているのだ。

 

本のない人類は迷い、狂い、退化し、

同じ失敗を繰り返すのかもしれない。

本書は、人の脆弱さと

本の大切さを同時に説いているのだと思う。

 

同時に、本のない世界なんて壊れてしまえという

念もこもっている気がするw

 

統制された文化の中、共通の話題だけを話し

極力相手のプライベートには触れない

そんな腫れ物に触るかのような

周囲とのやり取りがやけにリアルだ。

 

少しも踏み込まない浅い人間関係には

情もなにも生まれないのかもしれないなと

痛感してしまった。

 

 

考えることを止め、

娯楽に興じる人々の多くは弱く、

やがて精神に異常をきたし、自殺していく。

 

上辺だけの世界。

 

痛快娯楽作ではないが、

哲学的なこの一冊を読むことは

人生にとってなかなか有意義なのでは

ないでしょうか!!

 

 

2016年の終わりに

本書を読み終える事が出来てよかった。

 

母に薦めてみるかな。

読まないだろうなぁ…嫌がる顔が目に浮かぶ。

 

オワリ。

 

読書

古事記を読んでみたかったのだ。

 

大分前ではあるが

私の閲覧しているブログの中で

本書が紹介されていた事があった。

 

眠れないほど面白い『古事記』

由良 弥生 (著)

 

昔の書物そのままじゃ分かりにくいだろうし

楽しく読めたら良いか!という事で本書を購入。

 

なんていうか、

眠れないほどは面白くはなかったけど。

 

ギリシャ神話のゼウスなんてクソです

という話があるように

神話の神々というのは直情的で

理屈なんて蚊帳の外。

一次情報のみで怒り、苦しみ、殺傷する。

そして一次情報のみでまぐわいます。

 

日本の神々のお話である古事記も例外なく

そんな感じです。

 

美女と顔をあわせりゃ

「あなたとまぐわいたい!」

そして「OK!」

 

その日のうちにくんずほぐれつ!

 

誰それがお前の悪口いってるぞ!

よし!殺そう!

軍を起こして攻め込みます。

 

例えそれが事実と違ってもね!

嘘をついたやつがどうなったかはわかりません

 

ヤマトタケルが命を失った原因は

忘れんぼうだったり…

ヤマトタケルいろいろ忘れすぎだよ…

 

良いお話もあるのですが、

人が美しいと感じるものはやはり

悲恋になってしまうのだろうか。

 

 

上の方で、神話の神々が直情的で

一次情報のみで動くと書きましたが

 

否定しません。

 

現代人はちょっと勘ぐりすぎではないかな。

深追いしすぎ。

そして腰が重くなってしまっては本末転倒。

 

裏の裏は表なのだ。

ならばよりスピーディーに動いた方が

勝ちなのかも知れない。

 

お前が言うな!って感じですな^^;

わたしが一番そんな感じですよね~

とほほ。

 

オワリ。

読書

購入した芥川龍之介の本、最後の一編である「歯車」。
この本の中で河童の次に長編であるこの作品。
芥川の「遺稿」である。

晩年の彼については誰もが知ってのとおり
自ら人生を閉じるわけだが
その直前の精神状態をそのまま文にしたような作品が
この「歯車」である。

端的に言って支離滅裂な文脈の作品であり…。
いや、これは作品と呼ぶべき物なのだろうか
読んでいてつらい、というのが正直な感想だ。

この作品を書き起こしている彼は
疲弊していてとてもデリケートな存在。
些細なことで気分を害してしまう

そしてそのストレスから避難するように
1人になれる場所や家族親族しか居ない場所に
心の安寧を求めるのだ

他人には到底理解できない繊細さ
他人を気遣う余裕のなさを持ち合わせたまま
その時々の思いや感情をそのまま文章にする。

ムラがあり、不安定な思考を
そのまま文章にしているので
他人が読めば支離滅裂と思える文章になるのだろう。

この作品の最後の言葉
「眠っている間にそっと首を絞めて殺してくれる者はいないか」

人生の苦しみから開放されんが為に
彼が出した答えはこのセリフの中にあるのだろう。

しかしこのセリフから、
自害という逃げや諦めともとられかねない選択をするよりは
自然に委ねたいという気持ちもあったのだろう、
とも感じるのだ。

プライドの高さ、強すぎる思い
他人を理解できず、自分も理解されず、
ただただ孤独に陥っていく彼。

地位や名誉や家柄、資産、そして家族や友人など
私よりもはるかに恵まれているように思える
そんな彼なのだが
誰も彼の孤独を救う事はできなかったようだ。

文豪の最期の心情を露にしたこの「歯車」。
文献としての価値はあるのだろう。

実を言うと私にも
ちょっとした事でネガティブになってしまう時期があった
自分のすべてが不運不幸と感じてしまい
自己を否定し、外との関わりを避け引き篭りがちになってしまった。

その精神状態は彼ほどトゲトゲしい物ではなかった。
そんな時でさえ漠然と、
ただ何かに救いを求めていただけだったのだ

はっきりとそのように考えていたわけではないのだが
根底には間違いなくそのような甘えがあった。

いつか誰かが、何かが自分を救ってくれる
自分に都合の良い展開になると心のどこかで思っていた

そうであったが故に、
引き篭もっても嵐が過ぎ行くのをただ待つだけ
そんな自分に嫌気が差し自己否定するという悪循環。

それでも、ある程度の時間を消化すると
なんらかの諦めとともに自分に足りないものに気がついた。
そして苦手な勉強に走った
小さな結果を得て、自信をつけようとしたのだ。

デリケートな精神状態になっていた自分には
小さな失敗すらも許されなかったので
確実に成功するであろう事に対し万全を期して挑む。

そしてそれは拙いながらも成功、現在に繋げる事ができた。
自然と、強さも手に入れたように思う。

今ではそれらの長い時間が、葛藤が、迷いが
人生でもっとも大切な時間であり、
それこそが遅いスタート地点だったのではないかと思っている。

ああ、なんかまじめだな。
ちっ。
オワリ。

読書

芥川の「河童」をようやく読みきった。

最初は変わった趣向に引き込まれていったのだが
思ったよりも政治や宗教色の強いお話だった。

ある男が河童を捕まえると
河童の世界に引き込まれていく。

河童の世界と人の世界は実は良く似ていて、
しかも実際につながっているのだ。
そこでは人と同じような生活が営まれていた。

その河童の世界がなんとも
学生運動が盛んだった頃の日本のように思われて

河童の世界とは実はある大学の社会主義的なサークル
もしくはそれに似た何かを揶揄しているのではと思われた。

皮肉に皮肉を重ねたその内容はなんとも
世の中をフカンで見た結果、全てをあざ笑うかのようで

我々がいつも見ているものとは、
物事の一つの表面に過ぎないのではないか?

それを美しいものと捕らえようとするのは
理想を押し付けているだけなのではないか?

人の価値観とは、真なる部分とはなんなのか
善意とは?悪意とは?愛とは?美しさとは?

すべてが実は理想でしかなく、
案外滑稽なものなのかもしれない。
そんな内容のお話で。

私は、自身も悩んで迷って失敗して
いろいろと経験して苦しい時期も多くて、

その結果、前に進む事を大前提に動くようになり
一つ一つの事象を難しくとらえること事態が減っているせいか
この作品はあまり響かなかったのだけど。

若い頃、社会を斜にみすぎて病んでいた時代があった。
そんな時に読んでいたら凄く共感してしまい
引き込まれていたのかもしれない。

世の中、斜に見ようとすればいくらでも見れる
けれども、真実がわからない以上
理想を押し付けているくらいの方が
精神衛生上、好ましいのではないか。

世の中は、プラス思考でいたほうが楽しいし。

もっとも、それで苦しい思いをする人もいるのかな?
人の心とは、難解なものです…。

オワリ。