読んだ本。

読書

ユービックは洋書である。加えて古い作品。

(もっている和訳本の初版が1978年。昭和53年)

訳で使われている言葉も古い。

やはりと言うか、ちょっと読みづらい。

タイトルや表紙からは分かりにくいがSFだ。

近い未来、世界は超能力者で溢れていて

思考を読むテレパス、未来を予知するプレコグなど

プライバシーを踏みにじる能力者が問題になっていて。

彼らを束ね、その能力を生業とするホリス。

逆に、彼らの力を封じ込める能力を持つ

反能力者の集団、ランシター社。

このふたつの集団の抗争が発端ではあるのだけど

事態はよりメンタリティーな方向に進んでいく。

具体的な解説は避けるが

最終的には何が現実なのかよくわからなくなる本作。

アニメ「バーナード嬢曰く。」で紹介されて

それがきっかけで購入した本なのだが

序盤読みにくくて面白さも感じず、長らく放置してしまった。

なんと3年以上放置…!なんかすいません。

しかし中盤以降はとても面白く、物語は加速していくのだ。

退廃していく世界の恐ろしさ。

ユービックとは何か。

そして、最後の章の意味とは!

序盤で一気に盛り上がって、あとは下がる一方の作品より

こういう作品の方が好きだな。

退屈な序盤も実はとても大切で、いたるところに伏線。

創作している人たちには、とても良い刺激になるのではと思う。

読んで良かったこの作品。

良作!

今後の創作に生かせれば良いが。

しかし…バーナード嬢曰く。のアニメから

もう3年以上経つのだな。

時が過ぎるのが早い…早すぎる…

これは世界が退廃しているのでは…

以上終わり。

読書

Twitterでフォローしてる方の本。

買いました、読みました。

全体的に絵本チックな感じで子供にもとっつきやすいのではないかな。

宇宙に関する小話が多数、収録されております。

宇宙に興味のある方はもちろん

話のネタを増やしたい方にもおすすめ

応用すれば創作にも使えそう。

想像力を刺激される内容である。

ロシアの片道ロケットに乗った犬の話は

知ってたんだけども犬好きとしてはつらかった

あとは概ね明るい内容で。

ダイソンスフィア、ホワイトホール、エウロパ…

出てくる名詞を適当に並べるだけで

まるでRPGの魔法のようだ。

表紙に「読むだけで人生観が変わる」とあるが

人によってはまさしくその通りになる内容だと思う。

子供のプレゼントに悩むそこのあなた!

プレゼントに本は良いですよ、本当に。

こういう本こそ最適。

わたくしは子供のころ

本といえば漫画しか読まなかったが

プレゼントしていただいた一冊の本があって

それは決して面白い本ではなく

図鑑のような本だったけど

それでもイメージとして強烈に残っているのである。

当時は「ん~本か…」という態度を取ったが

ちゃんと読んだし

大事に取っておいたし内心は結構うれしくて

ようするに自分にとって意味のある、価値あるプレゼントになったのだ。

本のプレゼントまじでおすすめ。

宇宙おすすめ。

終わり。

読書

久しぶりに読書!

芸人兼ソロキャンプYouTuberのヒロシ氏の本。

元々彼の芸が好きで注目していたのだけれども

(熱心なファンではないが

いつのまにかテレビでみかけなくなり…

でも気がついたらソロキャンプで再フィーバーしていた。

ワタクシ自身、紆余曲折をもって

ソロキャンプに興味を持っていたところ

たまたまyoutubeでヒロシ氏の動画を拝見

以降、動画を追うようになった。

動画をみていて共感できる部分がとても多く、

今回新しく本を出すという事で買ってみたのだが

これとても良い本で。

下手な自己啓発本よりも全然良いと思う。

文体も綺麗で読みやすい。

普通や理想に固執せず、多くを家族や友人、他人に求めず

無理せず自分なりに自由に生きていくという内容

著者は小学校時代に教師から差別的な扱いを受けて

それがちょっとしたトラウマになっているようだが

わたくしも似たような経験があり

(事実無根の話で教室で立たせられた)

なんだかとても共感してしまった

家族や友人、他人にさえ、

そうあるべきだという固定観念のようなものが人にはあるが

それさえも自分勝手な押し付けであり

そんなものは求めるなと著者は語っているのだ

たぶん

争いは好まないし、波風立てずに生きているつもりでも

自分を嫌ってくる人間もいる、それはもう諦めようとか

そういう話も、なんだか肩の荷が下りる。

失礼ながら、なんだか似てるなこの人!

こんなに自分と似た考え方の人いるんだ!

という安心感を得てしまった。

もっともヒロシ氏は成功していて

ワタクシは成功していないので

成功していないヒロシとして、慎ましく生活していこうと思う。

つらい!頑張ろ。

オワリ。

読書

レイ・ブラッドベリ著のSF

「華氏451度」を読んだ。

初版1953年なので、まぁ古い作品である。

 

タイトルの華氏451℃とは

摂氏でいうと233℃くらい。

紙が自然発火する温度らしい。

 

物語の大筋はこうだ。

 

そう遠くない未来。

超管理、超監視社会となった世界では

あらゆる外的ストレスから開放される為に

さまざまな文化を排除。

 

中でも本を読むことは重罪である。

所持しているだけで処罰の対象だ。

 

統制された共通の文化だけが与えられ

仕事と娯楽に浸るだけの日々。

 

人々は考えることを止め、自我を失っていた。

 

そんな人々の1人である主人公は

昇火人(ファイアーマン)。

通報を受けて本を焼く仕事についている。

 

彼が

 

感受性豊かな隣家の少女と会話したり

仕事柄、焼却しなければならない本に触れたり、

少々狂った妻や上司と対話していく内に

自我を取り戻していく。

 

大雑把に言うとそんなお話である。

 

 

なんとなく図書館戦争に似ている?

といってもわたしは図書館戦争を読んだ事がない。

テレビでやっていたのをチラッとみた程度なので

なんとも言えないか。

 

あとあれだ。

毛沢東の文化大革命を思い出した。

政府の認める文化以外を徹底的に破壊した

よくわからん革命。

 

 

文化の象徴たる本は人類の記憶の倉庫なのだ。

そこには笑いや感動など娯楽要素以外にも

歴史や哲学、人類の反省などが含まれている。

 

未来に繋がる想いが、込められているのだ。

 

本のない人類は迷い、狂い、退化し、

同じ失敗を繰り返すのかもしれない。

本書は、人の脆弱さと

本の大切さを同時に説いているのだと思う。

 

同時に、本のない世界なんて壊れてしまえという

念もこもっている気がするw

 

統制された文化の中、共通の話題だけを話し

極力相手のプライベートには触れない

そんな腫れ物に触るかのような

周囲とのやり取りがやけにリアルだ。

 

少しも踏み込まない浅い人間関係には

情もなにも生まれないのかもしれないなと

痛感してしまった。

 

 

考えることを止め、

娯楽に興じる人々の多くは弱く、

やがて精神に異常をきたし、自殺していく。

 

上辺だけの世界。

 

痛快娯楽作ではないが、

哲学的なこの一冊を読むことは

人生にとってなかなか有意義なのでは

ないでしょうか!!

 

 

2016年の終わりに

本書を読み終える事が出来てよかった。

 

母に薦めてみるかな。

読まないだろうなぁ…嫌がる顔が目に浮かぶ。

 

オワリ。

 

読書

古事記を読んでみたかったのだ。

 

大分前ではあるが

私の閲覧しているブログの中で

本書が紹介されていた事があった。

 

眠れないほど面白い『古事記』

由良 弥生 (著)

 

昔の書物そのままじゃ分かりにくいだろうし

楽しく読めたら良いか!という事で本書を購入。

 

なんていうか、

眠れないほどは面白くはなかったけど。

 

ギリシャ神話のゼウスなんてクソです

という話があるように

神話の神々というのは直情的で

理屈なんて蚊帳の外。

一次情報のみで怒り、苦しみ、殺傷する。

そして一次情報のみでまぐわいます。

 

日本の神々のお話である古事記も例外なく

そんな感じです。

 

美女と顔をあわせりゃ

「あなたとまぐわいたい!」

そして「OK!」

 

その日のうちにくんずほぐれつ!

 

誰それがお前の悪口いってるぞ!

よし!殺そう!

軍を起こして攻め込みます。

 

例えそれが事実と違ってもね!

嘘をついたやつがどうなったかはわかりません

 

ヤマトタケルが命を失った原因は

忘れんぼうだったり…

ヤマトタケルいろいろ忘れすぎだよ…

 

良いお話もあるのですが、

人が美しいと感じるものはやはり

悲恋になってしまうのだろうか。

 

 

上の方で、神話の神々が直情的で

一次情報のみで動くと書きましたが

 

否定しません。

 

現代人はちょっと勘ぐりすぎではないかな。

深追いしすぎ。

そして腰が重くなってしまっては本末転倒。

 

裏の裏は表なのだ。

ならばよりスピーディーに動いた方が

勝ちなのかも知れない。

 

お前が言うな!って感じですな^^;

わたしが一番そんな感じですよね~

とほほ。

 

オワリ。