ST250E(’07), メンテナンス

フロントブレーキのブレーキパッド交換をした。

デイトナの赤パッドってやつ。

前も赤パッドだったが、これなんか消耗が早い気がするな…

 

ST250Eのフロントブレーキはディスク式である。

(※リアはドラム式)

ブレーキディスクをブレーキパッドで挟んで圧をかけて

摩擦力でスピードを制動するのがディスク式。

赤丸部分がブレーキキャリパーと言われる部分。

ブレーキレバーを握るとキャリパーに装着したパッドに

圧を掛けられる仕組みになっている。

 

ブレーキフルードによる油圧がかかるわけだが

ブレーキフルードはハンドル右のリザーバータンクから確認できる。

これがブレーキフルードのリザーバータンク。

ブレーキキャリパーと繋がっている。

 

ブレーキパッド交換の際は必ず蓋を開けるので、

ブレーキフルードが飛び散って車体につかないように

塗れた布等で周辺を保護しておくと良い。

 

ブレーキパッド交換にはブレーキキャリパーを外す必要がある。

キャリパーは赤丸の二点のボルトで止まっている。

(赤丸が14mm、黄色が10mm)

黄色のボルトはスピードメーターのコードを支えているモノだが

作業するならはずしたほうが良い。

このボルト3点はずして後ろに引けばキャリパーは外れる。

 

ここでリザーバータンクの蓋を開けておく事。

(プラスドライバーで開閉可能。)

 

蓋をあけてからキャリパーについているブレーキパッドを取り出し

新品のブレーキパッドとディスクの厚み分の

隙間ができるまでピストンを押し込む。

※傷つけないように布などをあてがって行う事。

 

この時リザーバータンクの蓋が開いていないと

ブレーキフルードの逃げ場がなくなり圧がかかり

ピストンを押し込むのに相当な力が必要になる。

押せたとしても固定しないとピストンが戻ってきてしまう。

 

なので必ずリザーバータンクの蓋を開け、

ブレーキフルード量を確認しながら行う事。

必要ならJET OILERとかで吸い取って量を減らしておく。

 

こういった事情があるので、ブレーキパッドの交換は

ブレーキフルード交換と同時に行うとやりやすいかもしれない。

 

残念ながら作業中に写真を撮らなかったので

ほぼ文面での説明になってしまったけど

やってみればそんなに難しくない作業。

キャリパーを外してブレーキパッドを視認し、

構造、外し方がなんとなくわかる人なら作業可能と思う。

 

簡単といってもそこはブレーキ、

命に関わる部分なので心配な人はお店に頼みましょう。

ブレーキパッドの交換くらいなら大した工賃取られないはず…

 

一緒にブレーキフルード交換する方はこちら参照されたし↓

http://somnium.stars.ne.jp/somnium.blog/?cat=44

 

オワリ!

アウトドア, 物欲

amazonでみかけた一品

YOURSELFというメーカーのアウトドアチェアである。

タイムセールで安くなっていたので購入してみた。

 

類似品が多数あり、それぞれにメーカーが違うという怪しさ。

税込み2500円くらい。中国製。

中身。説明書なし!

だが一見バラバラに見える全てのパイプの内側に

ゴム紐が通っていて繋がっている。

組み立てを間違える事はないだろう。

はめ込むだけ、簡単。

 

 

で、こんな骨組みができる。

 

次にメッシュの布を角に引っ掛けて完成。

これが結構強めにひっぱらないといけない。

amazonレビューによるとそのうちヘタれてつけやすくなるとか。

それはそれでどうなんだ…

 

本当は他に欲しい椅子があったのだが

最後にこいつに行きついてしまった。

なぜか。

 

バイク積載だと大きさがとても重要なのだが

こいつは小さなバックに入るほど小さくなる。

 

収納時サイズ約34×10×11cm。

一番長いところで34cmというコンパクトさ!

重さも1kgない。

そのくせ広げればゆったり座れる

(使用時サイズ約53cm×50cm×65cm)

 

商品ページに記載のある

耐荷重150kgというのは怪しいがw

※他の類似品は120kgになってますよ…

 

おそらく某有名メーカーのOEM(かパクリ)だろう。

最初のオリジナル商品がどれかよくわからなかった。

それぐらい類似品が氾濫している。

 

怪しい商品だけど何しろ安いし、

バイクでキャンプに行く人にはおすすめできる。

収納時にこのコンパクトさは本当にありがたい。

 

…中国製の布類を広げると肌がぴりぴりするのは

私だけだろうか?黄砂なのかなぁ…わからん。

なので最初に一度洗濯する事をおすすめします。

 

オワリ。

アウトドア, 物欲

子供の頃、親に連れられて行ったキャンプが

ほぼ道具不要でして

テーブルは食材入れたクーラーボックスだったし

椅子はそこらへんの石だしシュラフなんか無くて毛布

焚き火は直火、火はライターで着火

網か鉄板だけもっていって石で固定!

 

こういう感じのキャンプだと

そもそも持っていくものが少ない

まぁ手軽で良いのだけども

こんなキャンプばかり経験した為か

道具を揃えるという意識が希薄であった。

 

 

しかし!

それはわたくしの親流のキャンプであって

わたくし自身はある程度道具を揃え

快適なアウトドアライフを送りたいわけです

 

まずはテーブルだな!という事で

値段が手ごろで評判がよいこちらを購入

CAPTAINSTAGのアルミローテーブル。

amazonで1400円くらいで購入。

数ヶ月前に購入してそのまま押入れに眠っていた。

 

こいつが今めちゃくちゃ値上がりしてて倍くらい怖い!

ゆるキャン効果?GW直前だからだろうか…

 

開封!ケース付。

 

こんな感じで折りたたまれてはいっておる

 

広げる。

1つ1つの板は太めのゴム紐を通して繋がっているだけだった!

なんてこった。まぁ値段が値段ですし…。

 

足を起こして

 

ひっくり返して完成!

サイズ感を出すために小道具を置いてみた。

 

ゴム紐がちょっと心配だけど

切れても簡単に交換できそうだしコンパクトで軽い。

この値段なら消耗品と考えれば良い買い物かな。

 

アウトドア用品てすぐ傷つくし汚れるし。

安いのは助かります。

 

次回キャンプ行くときに持っていくぞ!

オワリ。

その他, 創作, 日記

きかんほうさんは

岩手県宮古市の復興支援をしている

非公式キャラクター

「ほやこおねえさん」を応援しています。

ほやこおねえさんのツイッター

ほやこおねえさんのフェイスブック

ほやこおねえさんのオンラインストア「ほやほ屋」

 

ファンアートも描いたんだ

なぜきかんほうさんが

ほやこおねえさんを応援しているかというと…

理由は特にないwあえて上げるなら

 

・呟きの力の抜け具合がとても良いw

・デザインがかわいい

 

まぁ一応親父が岩手出身…というのもある。

萌えキャラとゆるキャラのなんとなく中間くらいにいると思う

ほやこおねえさんはいいぞ…!

ほやこおねえさんをよろしくw

その他, 創作, 日記

アメブロで知り合ったブロガーぽぽちゃんから

表紙を書いたお礼という事でイラストが届きました。

ありがとねん。

 

彼女(彼うさぎ?)のブログとツイッターはこちら

日本侍ぽぽブログ

日本侍ぽぽツイッター

 

 

 

…で、

こいつが一年くらい前にふたつ返事で描いた表紙

ちっさ!あれからもう随分経つんだなぁ。

オワリ。