読書

独特な佇まいの家
「玄鶴山房」内の人間模様が書かれている。

まず、この家の主人、玄鶴。
病床につき余命幾ばくか。

そしてその妻、お鳥。
なんと腰が砕けている。要介護。

お鳥の娘、お鈴とその旦那の重吉、息子の武夫。
そして玄鶴の面倒を見ている看護婦の甲野。

上記6名に玄鶴の内縁の妻、お芳と
その息子、文太郎を加えた家族が織り成す
絶望のハーモニー(死

玄鶴が危篤となり、別居していたお芳が看病にやってくる。
そしてさまざまな歪が顕著になっていく。

玄鶴は若いときに遊びたいように遊んだようだ。
お鳥という妻が居ながら若い女、お芳を囲い
孕ませた、まである。

その事実は当然、お鳥の嫉妬心を煽るのである。
そしてそのやり場のない嫉妬心は、
自分の娘お鈴の旦那、重吉に飛び火する。

重吉はあまり気にするでもなく受け流すが
重吉の妻のお鈴はお鳥とお芳の板ばさみになり難儀する。
息子の武夫は武夫で、お芳と玄鶴の息子、
文太郎をいじめる。

それら全ての問題に、玄鶴は病床におりながらも
頭を悩ませる。
一時は悩みの種であったお芳と息子を
死ねばいいとさえ思っていた玄鶴であったが。
夢に見るのは若い頃のお芳であった。

お鳥は良いとこの娘で器量良しを期待して
結婚したに過ぎなかったらしい。

そんな玄鶴山房内の人間模様を、
フカンで冷笑しながら楽しむ女が居た。
看護婦の甲野だ。

お鳥にはお芳の悪口をいい、
お芳にはお鳥の悪口を言う事で反応を楽しんでいた。
さらに重吉にその気がある様な態度を見せ
お鈴や重吉の反応を見たり…
玄鶴山房内の人間模様をコントロールすることで
愉悦に浸っている甲野。

それに直感的に気がついているっぽいのが重吉。
玄鶴と甲野は普段、離れに居たが
外にまでするはずのない病気の匂いが嫌いで
重吉はあまり離れに近寄らなかった。

たぶんいろんな意味で臭い、甲野に気がついていたのだろう。
つうか甲野が臭気を出している。間違いない。

それを知ってか知らずか、甲野の前で
なんだか笑い始める玄鶴。
策を練り、ふんどしを用意してもらい
そのふんどしで自害を狙ったようなのだが
それすらできないほどに衰退していた。

まあ気にせずともすぐに死ぬのだが。

そして玄鶴の葬式。
全てを終え帰路に着く重吉。
最後にお芳が会釈しているのが見えたようだ。

それを「なんでもねーことだぁ」

と気にすることもない重吉。

甲野のような人間が1人入るだけで
平和なはずの家庭さえおかしくなりかねないという恐怖と

世間的には認められなくてもそれは真実の愛!なのか?
最近の不倫騒動に一石を投じる作品…
と言いたいところなのだが、

あれ、これでオワリ?

なんかもう一転あるんじゃないかと期待してしまった作品。
消化不良のような…
そういう作品はなんとなく読み返してみるのだが
同じ結論に至ったので、こんな感想でいいや…
芥川先生ごめんなさい。

オワリ。

読書

一塊の土。

老婆、お住は息子夫婦と暮らしていたが、
息子は若くして亡くなってしまう。
しかし、お住にとって息子の死は悲しみばかりではない。
暗雲を抜けたような安心感すらあったのだった。

そして、嫁とその子供と3人暮らしが始まる。

お住は時を待って、嫁のお民に婿を取らせ
以前のように養ってもえばよいと思っていた。
ところがこのお民、一向に婿を迎える様子がない。

それどころか一念発起。
一家を守るためがむしゃらに働き始めるのである。
そんなお民を見た周囲の者は
お民に尊敬の念すら持つようになる。

お住も、最初はお民を褒め称えていた。
しばらくお民のサポートに回っていたのだが、
居心地の悪さを感じ始める。

お民は仕事の範囲を広げ始めてしまい、
老婆であるお住ではサポートさえ難しくなっていったのだ。
「無理に手伝わんでいい」というお民。

しかし、部屋でごろごろしていては
居心地が悪くなるばかり。
どうにか、お民の仕事病を止め、
婿を取らせようとするお住。

ここに摩擦が生まれ始める。
お民は自ら働くことで家を守ろうとしている。
お住は自分を守るためにお民に婿をやろうとしている。

そして口論が増えていくのだ。
お民という優秀な娘が名声を得て表彰されるまでになると
お住の居心地の悪さはMAXに達していた。

だが、そんなお民もある日、病死してしまう。
残されたお住は…

そう、お住にとってお民の死は悲しみばかりではない。
暗雲を抜けたような安心感すらあったのだった。

お民が残した財産でしばらく生活には困らない。
子供の面倒も見ていけるだろう。
しかしお住はここでようやく気がつくのだ。

「息子が死んだ時と同じじゃん…」

この物語、どのように思っただろう。

お住は悪い人だろうか。
否。まったく普通の老婆である。
ではお民は?
否。よくできた嫁である。
誰も悪くないのだが、すれ違いが生じ、摩擦が生まれた。

それぞれにもっと
相手を労わる事ができれば
もっとストレスのない生活ができたのだろうか。

否。私はこんな程度が普通と思う。
これはごく普通の、現代でもよくある家庭のヒトコマ。

家族というシガラミの物語である。
うわーん。

オワリ。

読書

芥川を読み終わったらどうしよう
はぁはぁ

六の宮の姫君を読んだ。

そこそこのお家柄の一家はつつましく暮らしていた。
静かな生活に満足していた。

ところが父はあっけなく亡くなってしまい
母も後を追ってしまう。

姫だけが残されるが、頼るものは乳母以外になく…
館の家具や高価なものは生活の為に少しずつ売られ
召使いも離れていく。

そんな姫に乳母が、縁談の話を持ちかける。
姫は気がすすまなかったが仕方なく男と会うことに。

見た目もよくて優しくて、そして頼もしい男。
男の力で館は潤い、召使いの数も増えていった。

姫は内心、うれしいとは思っていないが
館の為に、生活の為に男に頼りきりになってしまう。
そしてその生活の安らかさの中に、満足感を見出すようになる。

だがその男も、父親の仕事の都合で遠くに行くことに。
仕事の任期は5年。
父親に内緒で姫と結婚をしていたため
今更打ち明ける事もできず、姫を置いていくのだ。

「5年待っててねベイベー!」

そして6年待っても帰らない男。
男は仕事先で別の女と結婚、酒を酌み交わしていた。
しかし姫の事を忘れていたわけでもなく、
9年後にようやく帰るのである。

おいおい。
そんなんでいいのか。
いいか。

旅の片付けもせず、姫の元に向かう男。
ところが、すでに館はなく。

その後も方々探し回り、ついに姫をみつけたものの
物乞いの法師に抱きかかえられていた姫は
すでに息も絶え絶え。

そしてそっと息を引き取った。

その場所、朱雀門では
女のすすり泣く声が聞こえるという噂がたつ。
通りがかりの男は法師に尋ねる。
「聞こえるってのは本当かね」

「あれは、地獄も極楽も知らぬ不甲斐ない女の魂である…」
「念仏を唱えてやってくだされ」

というお話であるのだが。
はてさて。

平凡さも罪、と言う事だろうか。
安易に心の安寧を求めてはいけないと言う事だろうか。

姫は誰かを頼ることでしか生きていけない女であった。
それさえやめた瞬間、死は決定していた。

例えば、もっと良い生活に憧れて努力することをしていれば
こんな事にはならなかったのかもしれない。

あるいは、物乞いの生活の悲惨さを知っていれば
世の中の残酷さをしっていれば、
そうならない努力をしたのかもしれない。

そのどちらもできなかったのは。
姫自身が安易に安寧を求めてきた結果。
流されて流され続けた姫。

少しは欲が、自我があれば
また違う結果も見えてきたのかもしれないのだ。

かなり深い作品ではないだろうか。
なんとなく、太宰の「人間失格」を思わせる。
前回の「雛」とあわせて推したい作品である。

オワリ。

読書

今日は休みだったので本を読んだりDVDを見たり。
人類の文化に触れる。

良家の一族、商売に手を出して失敗。
おまけに火事にもあう不運、なかなかのピンチであった。

そんな中、雛を売る話が浮上。
相手も決まり、契約成立となった。

お鶴はこの雛が大好きであった。
というかお鶴の雛であった。

しかし手付け金も預かり
「もうお客の物だから」と父親に片付けられる雛。

ピヨピヨ…

それでも、事あるごとに
「最後に雛が見たい」と切望するお鶴。
最初は相手にされてなかったがあまりのしつこさに
兄にその都度、怒られる。

雛を送り出す前日、ふと目覚めたお鶴は物音に気がつく。
細目を開けると、横を向いて座っている父親。
そして、その視線の先には、薄暗い行燈に燈された
雛が飾り付けてあったのだ

厳格な父が見せた女々しい姿。
その光景に、いまだに夢と現の区別がつかない
老婆お鶴のお話であった。

雛なんか売って金になるのかな?
と思っていたが違った。雛人形の事だった。
途中、ピヨピヨと入れたのは悪意である。

すまない

私が書くあらすじではわかりにくいと思うが
この家族にとってこの雛人形は
相当に思い入れのある、特別な物なのだ。

それを売ると決断した父と、その思いを汲む息子が
冷たく見えるのだが、それは全てを察しての事。

どうしようもない現実に直面し、特別な何かを手放す。
その決断と、家族の理解と諦めと。

そんなものが入り混じった、感傷的なお話だった。
芥川作品の中でも私は、この作品結構推したいかも。

オワリ。

読書

月曜の憂鬱な気持ちを紛らわそうと
出勤途中のバスで開いた芥川。
そしてそのまま読み終えてしまったという。

読むのが早くなった!
のではなくて、単に短いだけだ
舞踏会より短かったと思う

少年良平は、鉄道敷設の為の土木工事で使われている
トロッコがすきだった。

「のりてえ」
いや贅沢は言わん。

「押すだけでも」

しばらく工事でトロッコが利用されてる様を
眺める日々を送っていたのだが。

ある日誰もいないのを見計らって現場に突入。
兄弟とトロッコで遊び放題遊ぶのである。

するとおっさんと言う名の鬼があわられるのだ
「だれじゃあ!トロッコで遊んでるガキャー!!」

良平と弟達は逃げ出した。
ザッザッザ。
トラウマのように、しばらくは鬼の形相が
目に焼きついていて離れなかったのだが
それも10日で忘れた。
「トロッコ…はぁはぁ」

そしてまた工事現場に行ってしまうのである。
もはや病気

今日の土木作業員は優しそうな男達だったので
ついに行動にうつる。

「俺が手伝だっちゃる!おしちゃる!」

強引にトロッコ押しに参加。
作業員は大喜び、がんがん手伝わせる。
そしてついにまた、トロッコに乗る事になるのである。
作業員とともに!はいよしるばー

ずんずん進んで押す
ずんずん進んで押す

そんな作業を繰り返した後だった。
だいぶ遠くまで来て、そろそろ帰りたかった良平に
驚きの事実が突きつけられる

「おっちゃんたち今日ここで泊まりだから」
「おめーもう帰れよじゃぁな」

「…」
ここから歩いて帰るんかー!?
良平は走って帰って
暗くなった頃ようやく帰宅しわんわん泣いたとさ。

以上。
だからなんだ!と思ってはいけない。
これは優しさと甘さをはきちがえた子供の
更正の物語なのである。

と言うと大げさだが。
そもそも危険な工事現場に入って遊んでいる子供に
怒鳴りつけてくれた男は良識的な男なのだ。
少年の心には鬼の形相が焼きついたが。
そんな程度の事で済んだのだから

ところがその後に出会った作業員は甘いだけで
最後子供をどうでもいいと言わんばかりに突き放す。
結果、良平は暗くなってからようやく帰宅となったのだ。
少年にはさぞ怖かったことだろう。
何かあったらどうするんだ。

うーんしかし。
子供ってのは時にどうしようもないよねぇ…
子育ってって難しいだろうな。

オワリ。