「ひとりで生きていく」を読む ヒロシ著

2020-04-29ひとりで生きていく, ソロキャンプ, ヒロシ, 読書

久しぶりに読書!

芸人兼ソロキャンプYouTuberのヒロシ氏の本。

元々彼の芸が好きで注目していたのだけれども

(熱心なファンではないが

いつのまにかテレビでみかけなくなり…

でも気がついたらソロキャンプで再フィーバーしていた。

ワタクシ自身、紆余曲折をもって

ソロキャンプに興味を持っていたところ

たまたまyoutubeでヒロシ氏の動画を拝見

以降、動画を追うようになった。

動画をみていて共感できる部分がとても多く、

今回新しく本を出すという事で買ってみたのだが

これとても良い本で。

下手な自己啓発本よりも全然良いと思う。

文体も綺麗で読みやすい。

普通や理想に固執せず、多くを家族や友人、他人に求めず

無理せず自分なりに自由に生きていくという内容

著者は小学校時代に教師から差別的な扱いを受けて

それがちょっとしたトラウマになっているようだが

わたくしも似たような経験があり

(事実無根の話で教室で立たせられた)

なんだかとても共感してしまった

家族や友人、他人にさえ、

そうあるべきだという固定観念のようなものが人にはあるが

それさえも自分勝手な押し付けであり

そんなものは求めるなと著者は語っているのだ

たぶん

争いは好まないし、波風立てずに生きているつもりでも

自分を嫌ってくる人間もいる、それはもう諦めようとか

そういう話も、なんだか肩の荷が下りる。

失礼ながら、なんだか似てるなこの人!

こんなに自分と似た考え方の人いるんだ!

という安心感を得てしまった。

もっともヒロシ氏は成功していて

ワタクシは成功していないので

成功していないヒロシとして、慎ましく生活していこうと思う。

つらい!頑張ろ。

オワリ。