読書

太宰の「桜桃」を読んだ。短編小説である。
これまで読んできた太宰の作品の中でもっとも短い。
30分かからず読むことができた。

日本のある家族の物語。
妻は家事に育児に追われ、夫は仕事に追われていた。
しかし互いに思いは一つ。

「家族の為に」

同じ思いを共有していたはずなのに
いつの間にか、すれ違いが生じていたらしい。
妻は生活の辛さから、たった一言だけ愚痴をもらしてしまう。
夫にだけ通じる愚痴を。

夫は静かに悟り、諭すように強がりを言う。
そしてその場の空気に居たたまれない気持ちになり、
逃げ出すのだ。

男の聖域、居酒屋に!!!
※昨今は女性もたくさんいます、すいません

高価な桜桃をつまみながら、
「俺だってさ…」と家族に対してあれこれ思いを巡らせる
こんな贅沢を家族にゃしてあげられないけど
でも俺だって面白くもなんともねーんだよ…

という内容で幕を閉じる。
なんだか現在でもよくある家庭の事情というか。

「賢者の贈り物」というお話をご存知だろうか

夫は妻の為に時計を売って髪留めを、
妻は夫の為に髪を売って時計のバンドを、
それぞれにプレゼントする話だ。

お互いのプレゼントはすれ違ってしまったけど、
でも意味はあった。
お互いを思えばこそという、微笑ましい美談。

しかしこの桜桃には、
太宰の話には、最後に理解しあえる部分が無い。
似ているようで、全く違う結末なのである。

すれ違ったまま。

でも、往々にしてそんなもの。
お互いを理解しあうなんて、なんと難しい事だろうか。

これまで、太宰の作品をいくらか読んで来た。
人間失格にしても、斜陽にしても、今回の桜桃にしても
太宰自身の体験が盛り込まれているのだろう。
その為にリアリティのあるお話になっているのだが、
まかり間違えば大人の作文と、言えなくも無いかもしれない。

でもそれを文学にまで昇華してしまったのだから、
やはり太宰って凄いのかな。

実は太宰の本は一冊しか持っていない。
文春文庫から出ている
「斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス、外七篇」
という本である。
タイトルから、有名どころはほとんど読んでしまった。
外七篇とは、そのほかに7つの作品が入っているという事である。
さて次は何を読もうか。

漱石も読みたいんだけど、いつになることやら。

読書

今日は一日岩盤浴にいた。
空いていた時間で、太宰の「斜陽」を読んだ。

戦争で稼ぎ頭を失い、バラバラになっていく没落貴族の話。
蓄えだけでしばらく過ごすが、女中を雇っているような大所帯。
長く維持できるはずもなく…
それでも母親の存在が家庭を維持していた。

しかし程なくして、母親も病死。
残された家族は、いよいよどうしようもなくなっていく

娘であるかず子は、密かな恋に救いを求めていく。
そして、弟の長治もまた、人知れず恋に焦がれていた。

正反対なようで、似たような感情に救いを見出していた二人。
女は、恋を愛にまで昇華することで、
1人でも生きていく強さを身につける
男は、数々の矛盾を抱えたまま、自ら道を閉ざすのである。
人間失格と同じく、あまり良い結末とは言えないかもしれない。

作中、この言葉が酷く印象に残る

「人間は皆、同じものだ」

傷ついた人間を慰めるように使われる、普遍的な言葉。
作中の長治は、この言葉を酷く嫌う。皆同じであるものか、と。

普通の定義はあいまいである。
普通の範囲とはいか程か。誰も答えがわからないのに、
社会において「普通」とは、もはや崇拝に近い言葉で使われる。
だがそれは、人の立場によって多様に変化してしまう。

自らを「普通以下である」と、自覚している人間に対して、

「人間は皆、同じものだ」

という言葉を吐いたなら、それはどのように受け止められるだろう。
重圧になるのではないだろうか。
自らの低い立場を自覚し、普通を求めて、同じを求めて、
上を目指して高みを目指して、底辺からの努力を余儀なくされる。
それはとても辛い事なのではないだろうか

自らを「普通以上である」と自覚していた人間に対して、

「人間は皆、同じものだ」

という言葉を吐いたなら、それはどのように受け止められるだろう。
落ちぶれたという絶望感しか与えないのではないだろうか。
救いを求められる立場から、救いを求める立場に落ちた絶望感。
傲慢な自分を自覚しつつも、元上流であると蔑まれ、
普通に馴染めず、絶望するのではないだろうか。

慰めに使われる言葉なのに、その意味を成さない。
上辺だけの偽善的な言葉。
作中の長治が、太宰が、嫌悪感を抱くのも無理はないと
共感してしまった。

これまで、自分が吐く言葉に対して、
それほど深い疑念を持つことはなかった。
言葉は当たり前のように、条件反射のように発せられる。
相手も同じ意味合いで受け取ってくれると、勝手な期待を乗せて。

しかし、もし、話し手と聞き手が
全く違う意味合いで言葉を理解していたら。
それは会話と言えるのだろうか。
なんだか怖くなってしまった。

会話にはリズムがある、テンポがある。
それらを維持しつつ、最適な言葉を選んで会話する。

あ~~~~~~~~~~
そんなん無理じゃん~~~~~~~
難しいよ~~~~~~~~~~~~~~~~~
あへあへ

電池が切れた。終わり。

読書

太宰治の「走れメロス」を読んだ。

子供の頃に国語の教科書か何かで読んだが、
内容は殆ど覚えていなかった。

結論から言うと凄く面白かった。感動した。
読み終わった後、軽く涙が浮かんでいた程である。

小学生の頃の夏休みの宿題、
読書感想文の作品に宮沢賢治を選んだ

「銀河鉄道の夜」だ。

理由はタイトルが面白そうだった。
あと表紙の絵がかっこよかった。
しかし当時小学生だった自分には
え?ジョバンニ?え?猫?ぐらいの理解度。

内容を全く理解でないまま作文を書いたが
ここがわからないよ!あとここも!
全部わかんないばか!みたいな感じだったと思う。
今読んだらまた違うのかもしれないが。
(ファンの皆様ごめんなさい)

あの時なぜ、メロスを選ばなかったのだろう。
手に取るチャンスは与えられていたのに。
と、今更後悔してしまうほどメロスは良い作品だった。

「メロスは激怒した」

冒頭から激怒しているメロス。
訪れた街で邪智暴虐の王の圧政を知り
胸に短剣を隠して

「今すぐ王様殺してくるわ」

こんな危険な男いるだろうか。

このメロス、直情的なその性格とは裏腹に
職業は村の牧人、羊と遊んで暮らしているらしい。

納得である。
そのくらい平和な環境じゃないとこの人生きていけない。
現在日本にこんな男がいたら即豚箱行きである。

まぁこの世界でもお城に入ってすぐ捕まります。
作戦とかないんで。
そこで邪智暴虐の王に会うことができ、会話を交わす。

王様 「人が信じられぬのだぁ」
メロス「信じられぬとは何事だぁ」

王様はメロスを殺そうとするが
少しだけメロスに情をかける仕草を見せる。
そしてメロスは思い出す

「あ、妹の結婚式あるんだった」
「お友達のセリヌンデウス置いてくから死刑3日まって」
「帰ってこなかったら殺っていい」

そうして、メロスは走るのである。
途中、自分の心の弱さに挫けそうになる時もある。
王様からの妨害もある。
「もう諦めろ」という声まである。

それらを全部振り切りながら。

自ら殺される為に走る!友の信頼に応える為に。
王にそれを見せつける為に。

なにか、胸にぐっと来るものがあった。
太宰すごいなぁ。

かっこいいよメロス!!!

なお、この文中のメロスのセリフには
きかんほうさんの適当フィルターがかかっている為
実際のセリフとは異なります。

読書

今日も読書。

「人間失格」の続き。

前回は第一の手記までしか読んでいなかった。
古い書籍独特の読みにくさはあるが、長い話ではない。
なんとか今日、読了することができた。

痛ましい内容。
途中でモヤモヤし始めて何度か本を閉じた。
でも先が気になり、また本を手に取る。
そんな事を繰り返しながら読んでいたら、1日かかった。

この作品の主人公は犯罪者ではない。
おそらく普通の人間なのだ。
結果的に間違いを重ねた事になるが、
では何が間違いだったのか、何が悪かったのか
非常に考えさせられる。

まずこの男は非常に臆病である。
そのくせ命に対する概念が希薄である。
なんでもそつなくこなすので得手不得手もない。
食事は形だけ、食欲もなければ味の好みもない。
悪意も善意もなく、自己主張するわけでもない。

芯がないどころの騒ぎではない。
何もない臆病な人間ゆえに流されて、流されて、
人を巻き込んで。
果ては何度でも最悪の結果に至るのである。

自分の意思で立って、歩いて、ゴールを目指す。
それができる人間がどれほどいるだろうか。
信念を抱えて生きている人間がどれほどいるだろうか。

あらゆる道が狭められ、難しくなり、
なぁなぁで、流される事を許容して。
望んだ結果ではなくとも、それらしい結果に
満足するように自分を納得させて。

そんな現在社会では
誰にでも起こりうる物語ではないだろうか。

人間失格を読んでいると
主人公が天使にも悪魔にも見えてくる。
気が付くと寒気すら感じるようになっていた。
誰にでもありえるというリアリティが
そう感じさせたのであろう。

しかしやはり、自分とは似ても似つかなかったな。
なんでこんなにモテるんだよ。

「金と女と人望はある人間の失敗談」

結局こんなとこである。
臆病であるがゆえに目の前の幸せにさえ
臆して逃げ出すとか解せぬ!

ああ、幸せっておいしいのかな。

読書

「人間失格」

第一の手記。
一般的な人の価値観を持ち合わせず
何にでも懐疑的な少年が
道化を演じる事で他と違う自分を隠して生活していた。

読めば読むほど幼少期の自分に当てはまってしまい、
目が丸くなる。

小学生の頃、自分には何もなかった。
人の気を引くことだけを考えていた。
バイブルはドラえもん。
理想の人間像を教えてくれたのはドラえもんだった。
友達たくさんできればいいなと思っていた。
他に理由も目的もなかった。

だから、人に笑われる事で気を引こうとした。
なんであれすぐにそうした行動をとる。
太宰風にいうなら、道化を演じる。
まさにそういう事だ。

家族親族の中でも浮いた子供だった。
他の親戚や兄弟には、誰にしろ大人の後ろ盾があった。
贔屓目に見てくれる人が1人はいたように思う。
ところが自分にはそれがなかった。

嫌われているという事でもなく、空気。
そのこと自体は別に構わなかった。
でも後ろ盾がないせいか、酷く臆病な子供だった。
だから肝心なところでは茶かす。

すると人が笑う。
一面が明るくなる。
主役になれた。
その瞬間は好きだった。

実際にそれで小学校では人気者になり、
校内同学年で知らない人はいない程、顔が広くなる。
林間学校では演劇でも笑いを誘い、一躍スターに。

でもそれだけだった。
たくさんの人と広く付き合っていたせいで
一つ一つの関係は非常に希薄なものとなっていた。

他の子供は違ったのだろう。
中学になり他校の生徒が入ってくると、
より親しい人とコミュニティを作っていた。

挨拶も会話もしたが、自分はコミュニティを持てず。
はじめて1人を痛感して、
その時の冷めた感じを今でも覚えている。
友達なんて作ればいいと言う物ではないなと
中学1年の序盤で悟った。
いじめなどはなかったが、以降孤独な学生生活を送る。

なんとも捻くれた子供だ。
かわいくない。

原点からしてこんなだから、今でもこんな風なんだろう。
普通ってなんですかね
世間体?なにそれおいしいの。

ところで、人間失格第一の手記の少年だが、
自分と似ている部分だけではない。

相違点まとめ
1.まずこいつは金持ちだ、おぼっちゃんである。
2.なんと天才的に成績がいい

そこだけ似ていればよかったのに…
どうしてこうなった…

読書をしていたら途中で眠くなり魂が抜けた。
潜在意識の中で全部読んだ気もしたが
気が付いたらまだ3分の1ほどしか読んでなかった。

正直退屈な本だが、読んだらまた感想でも書こうと思う。