ST250E(’07), スパークプラグ交換, メンテナンス

たま~にエンストするようになったので

スパークプラグの交換をするぞ。

ぶっちゃけ簡単な作業なのだが

使用するプラグレンチによっては

ガソリンタンクをはずさないと交換できないかもしれないかも。

 

【というわけでガソリンタンクのはずし方】

タンクは送油口を閉じて

(リザーブタンクに切り替えるツマミをcloseにする)

ペンチでゴム管をはずして

※少しガソリンがたれるので注意

椅子をはずしたら下にある穴付ボルトをはずせば

あとはタンクを気持ち後ろに持ち上げる感じで取り外すことができる。

ガソリン満タンだと重たいので給油前にやると良い。

布か新聞等ひいておいて、タンクを置く場所を確保しておくように。

 

 

前フリが長くなったが、わたしにはその必要がない。

これ、某ヒゲ男爵でバイク買ったらサービスでついてきた

緊急整備セットのプラグレンチ。

狭い場所にも入れることができる便利な可変式。

 

某ヒゲ男爵にはいろいろと言いたい事もあるが

オイルリザーブと、このレンチくれた事は感謝したい。

 

車体左側、ガソリンタンク下を覗くとあった、プラグ。

といっても見えてるのはプラグケーブル。

まずはこいつを手で引っこ抜く。

 

プラグが見えました。

 

先ほどのプラグレンチをプラグに差し込んだところ。

あとはこいつをスパナ等で回してはずせばよい。

 

古いプラグをはずしたら、

新しいプラグを手締めで回るところまで入れ、

そのあとプラグレンチで1/3回転締めて

プラグケーブルを差し込んだら作業完了。

 

取り外したスパークプラグ(左)真っ黒になってた。

オイル上がりしてるしこんなものか。

 

右の新品とは比べるまでもないけど、でも

使っていたプラグはイリジウムプラグだ。

 

イリジウムは始動性の良さや燃費改善に効果があるらしいけど

トルクが細く感じるのは私だけだろうか

あとオイル上がりなどによる汚れに強くない(ような気がする

 

というわけで今回はノーマルプラグを用意した。

安いし。

 

ST250E(’03~07)※キャブ車 適応プラグ
【NGK】ノーマルプラグ DR8EA、イリジウムプラグR8EIX
【デンソー】ノーマルプラグX24ESR-U、イリジウムプラグIX24

 

終わり。