ST250Eのテールランプを交換する, ST250E(’07), メンテナンス

いろいろと作業中の我がバイク、ST250E

リアタイヤをはずした今が一番、リアの電装系をいじり易いという事で

テールランプも変える事に。

交換するテールランプはamazonで激安のこれ

汎用 ビレット テールランプ ライト 【ADVANTAGE】

なんと990円!(2018/2/26現在)

レビューも散々で、本来なら絶対手を出さない一品。

でもこの値段なら追加工覚悟で試す価値はあると思った。

思ってしまった。

 

ようは分解して半田付けチェックして防水処理して電球替えて

あとはなんとかなるだろ!という勢い。

 

そしていろいろ試行錯誤した結果

以下の汎用金具でつける事が可能と判明した。

ホームセンタで1個136円の金具。

横穴であったり穴の径が違うものもあるのでご注意されたし。

 

小さい方の穴は、テールランプにつなぐボルトを通す穴だけど

M4のネジを通すので穴径4mm以上くらい。

大きい横穴は、ST250Eの純正ステーと、この金具をつなげるボルトを通すのだけど

私はM6の皿ネジ使ったので穴径6mm以上くらい。

 

この金具はホームセンターで探せば丁度良いのあるはず…!

もし穴径が小さいのしかなかったならテーパーリーマーっていう

穴を拡張する道具を使ってもいい。

【参考】テーパーリーマー

 

さっきの金具を純正ステーとテールランプにうまくつけるわけだ。

 

 

ここで問題発生。

 

赤い丸でかこったパーツ、樹脂系の素材でふにゃふにゃ。

こいつに直接、さっきの金具をつけると変形してしまうのだ。

少しくらい良いかと思ったけど防水も甘くなりそうなので

何か当てられる金具が無いかと探した。

 

でかいワッシャー買ってきてボルトの通る穴を開けるとか

いろいろと考えたけど。

 

テールランプとセットでついてきた使う予定の無いステー。

こいつを加工する事にした。

といっても金ノコ(100均のやつ)で切るだけだけど。

ギコギコ…

切れた…やるじゃん100均の金ノコ!

正直切れると思って無かったのに15分くらいで切れてしまった。

切った部分にさび止め塗って加工終了。

 

切った丸い部分をテールランプと例の金具との間に挟んでボルトで固定。

こんな感じ。

これで純正ステーにコイツをつける準備ができたぞ!

 

なお電球も交換した。

テールランプについていた電球はダブル球の12V10/5W。

使えないことはなかったがブレーキランプ10Wでは暗いし。

何しろよくわからん海外メーカが作ったバルブは本当にすぐ切れるので交換交換。

(※経験談)

 

ST250Eの純正テールランプバルブは12V21/5W。

しかし純正バルブはサイズが大きくてこのテールランプに収まらない。

なので同じ規格で小さい奴を近所のパーツ屋で買ってきた。

1つ400円だったけど一応参考までに。

【参考】シージーシー(C.G.C) バルブ 12V21/5W

 

あともう1つ買ってきた金具がある。

これ。

ホムセンで1つ180円だったかな。

 

ST250Eのテールランプはかなり大きい。

これを純正ステーのまま、小さな社外テールランプに変えると

ナンバープレートとテールランプの間に隙間ができてかっこ悪いのである。

そこで、この金具を使ってナンバープレートを少し上にずらす。

施工中…

 

というかこんなの説明せんでもわかると思うので割愛しよう。

そうしよう。

 

ワタシのバイクは今バラバラだからステーも室内に持ってきてるけど

本体についたままでも今回の作業できると思います!

 

で、仕上がったのがこちら!

まぁよく見ればちょっと無理やり感あるけども

遠目には全然わからないからOKっす。

 

裏側はこんな感じ

 

今回かかった費用

テールランプ本体:990円

テールランプ用金具:272円(136円x2枚)

ナンバープレート用金具:360円(180円x2個)

100均の金ノコ:108円

テールランプバルブ12v21/5w:400円

 

合計だいたい2100円!!!(ざっくり

 

…これ本当にどんぶり勘定で、

実際にはM4とM6の皿ネジやワッシャー買ってきてるし

錆び止めも使ってる

テーパーリーマー買ってたらもっとかかるし

テールランプ配線接続にギボシ端子も使ってるし

ギボシ端子用の圧着ペンチなんかも買ってたらもっとかかる!

 

ギボシ端子と圧着ペンチはエーモンから安いセットがでててお勧め。

【参考】エーモン ターミナルセット(中) 電工ペンチ付 E2

 

工具と技術を手に入れて安いテールランプをつけるか

良い既製品を使うか、選ぶのはあなた次第…!

 

STも販売終了して、もともとパーツの少ないバイクですし

こういった事がもっと、必要になっていくのだろうなぁ