ST250E(’07), キャブレター調整, メンテナンス

ワシのST250Eは2007年式。

cab車では最後の年式のやつである。

キャブレターはエンジンに送る燃料の調整を行う大事なパーツ。

というわけでキャブレター調整をしようとおもう。

 

全ては抜けが良すぎるマフラーのせい!

しかも薄いインナーサイレンサーが固着して外せない為に

これ以上手の打ちようがないw

 

ガソリンタンクの下、タンクの切り替えスイッチと

チューブで繋がっているのがキャブレター(写真中央)である。

 

キャブ調整する時はまずバイクシートを外してしまう。

そしてガソリンタンクの切り替えスイッチを「OFF」にしてから

キャブとタンクを繋ぐチューブを抜いて、ガソリンタンクも降ろす

 

キャブレター下部から出ているチューブはガソリン排出用。

この先に容器を置いて

キャブのガソリン排出口にあるボルトを緩めて

キャブからガソリンを全て排出してから調整しましょう。

※排出したガソリンはタンクに戻す

 

そしてそれぞれのチューブやネジを外し

反対側のアクセルワイヤーも外し…

↓アクセルワイヤーはずしてるとこ(これが一番めんどくさいとこ)

エンジン側とエアクリーナー側のネジを緩めたら

左右どちらでも良いのでキャブを回して下部を手前に向ける。

その状態で調整できる。

 

今回洗浄目的でキャブをはずしてしまったので、その画像を使う。

ひっくり返して裏蓋をはずした状態。

丸印の「ジェット」と呼ばれる部品を交換(調整)する。

NAPSや南海部品、amazonに置いてると思うので

探してくだされ。

 

【各ジェットの説明】

赤=パイロットジェット(低~中速域の燃料調整)

黄=メインジェット(中~高速域の燃料調整)

青=パイロットスクリュー(全体の微調整)

 

だったと思う(うろ覚え)

 

あんまりいじらないからね…忘れたね

 

これらのジェットの番手を上げる事で

マフラーからアフターファイアがでないようにする。

低速でアフターファイアが出る場合はパイロットジェット、

中~高速でアフターファイアが出る場合はメインジェット

微調整はパイロットスクリュー、という具合だ。

 

これはマフラーの抜けが良すぎる場合の方法なので、

逆の場合は番手を絞らなければならない。

今回は番手を上げていく調整になります。

 

【純正の数値】

パイロットジェット#25.0

メインジェット#120

パイロットスクリュー全閉から1回転半開

※だったと思う(うろ覚え)

 

なんか適当になってきたなわしゃ…

 

純正から少しつジェットの番手を上げて、

 

【現在のジェットの数値】

パイロットジェット#25.0→#32.5

メインジェット#120→#140

パイロットスクリュー全閉から1回転半開→3回転

 

現在このように調整しております。

減ったとは言え、相変わらずアフターファイヤはでるし

エンジン温まってくると濃すぎる為かアイドリング不安定にw

 

キャブ調整難しいです。

今使ってるマフラーがいろいろ問題ありなので

とりあえず調整はこのくらいにし、

マフラー買い替えを検討中。

 

本来はパイロットジェットを1番手~2番手くらい上げれば

済むそう。

 

ではこの辺で。

オワリ。